0

INONNO/Toy Toy

アイヌの民族楽器「トンコリ」という弦楽器を弾くToyToy(トイトイ)というアーティストのCD。
先日、学生時代からの先輩でもある知人の音楽プロデューサー&エンジニアがToyToyさんと埼玉へ北海道からはるばるライブをしにくるというので行ってきた。
そこでは生の実演を聴く事ができたのだが、これはその時に購入したもの。

まず、トンコリという楽器がコレ。
5本の弦が張られており、チューニングがなされており弾く時はオープンコード(開放弦)のみ。
フレットを押さえるといったことはほとんどなく、アルペジオが中心。
弦は日本の琴や通常のナイロン弦が張ってあるそうだ。
楽器のサイズによって音の高さが微妙に異なるという非常にシンプルな様で複雑そうな楽器。

音色はというと、僕はもっと民族楽器的な音がするのかな?と思っていたのだが、意外に素直な音色。
張ってある弦の関係もあるのかもしれないけど、 いわゆる一般的な西洋の楽器とはまた違う、すごく温かみのある親しみやすい音だ。

さて、音楽はというと、これもまたとても素直に耳にはいってくるものだった。
編成はToy Toyさんの唄とトンコリ、通常のガット・ギターによるシンプルなアンサンブルなのだが、トンコリのオープンコードのアルペジオにガット・ギターが絡んでくるものや、もっとシンプルなトンコリと手拍子、ムックリによる民族的なものなど。
ライブは音楽だけでなくご自身アイヌであるToyToyさんの貴重なお話、
そして踊りなど非常に興味深かった。

で、このCDだが、とにかく聴いていて気持ちのよい音楽が詰まっている。
トンコリのミニマムミュージックばりに繰り返されるアルペジオを聴いているだけでも、
とても心地よい。(Track 1,5,10)

それからトンコリという楽器の可能性を追求するかの如く、
CDならではの実験的な要素が多くありとても面白い。(Track 2など)
トンコリが奏でる音はオープンコード(解放の音)のみというところがポイントなのかな。
ガット・ギターが奏でるコードに対してトンコリの音は一定で、
時に非常に複雑なテンション・ノートになったり、非常にスリリングな音楽が展開されている。
民族楽器=民族音楽という図式に留まらないToy Toyさんの音楽スタイルも魅力的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください