タグ : Villa=Lobos

そして、それが風であることを知った / 武満徹

武満徹(1930-1996)。現代音楽における日本を代表する作曲家。
僕は、いわゆる現代音楽が苦手だ。しかし現代音楽的なものはわりかし好きだったりする。
オネゲルやショスタコーヴィチのような調性感のなさには心地よささえ感じる。
で、武満徹はずっと避けてきたような感じがする。
多分、初期の作品「ノヴェンバー・ステップス」あたりを聴いたショックが大きすぎたのかもしれない。

しばらく前にNaxosレーベルから出た武満徹の「そして、それが風であることを知った」は何故だか気になって購入したのだが、1、2回聴いてそのまま棚にしまい込んでしまった。
だが先日図書館のCDライブラリーで見かけた「武満徹 響きの海 室内楽全集」の中の「そして、それが風であることを知った」を聴いて、この響きの美しさと無調の音の世界に引き込まれた。

フルート、ヴィオラ、ハープによる15分程の曲で1992年に作曲された作品なので後期の作品だ。
フランス印象派の作曲家ドビュッシーを思わせる和声の美しさもさることながら個々の楽器の掛け合いが絶妙だ。
このアルバムには「海へ」というアルト・フルートとハープによる曲も収録されているのだが、こちらも美しい曲だ。
さらには「すべては薄明のなかで ―ギターのための4つの小品―」というクラシック・ギターのための作品がある。
今の僕にはスペインの作曲家やブラジルのヴィラ=ロボスのギター作品に対して少し抵抗があるのだが、この武満徹によるギター作品はすんなりと聴くことができた。
これも新しい発見。いろいろ聴いてみるものですね。

カルロス・リラ 来日舞台挨拶~映画"This is BOSSA NOVA"

映画”This is BOSSA NOVA”8月4日(土)渋谷Q-AXシネマ

中原仁さんのサイトのフィードをチェックしていたら、ボサノヴァ創生期にジョアン・ジルベルトやジョビンらと活動をしていたカルロス・リラとホベルト・メネスカルが映画”This is BOSSA NOVA”のプロモーションで来日中と記事があった。

これはと思い上映館のサイトを見ると8/4にカルロス・リラ氏の舞台挨拶があり、そして「演奏予定あり」と記述が!
当日の朝、歌が聴ける可能性があるということもあって、あわてて劇場にtel。
まだチケットがあるということで舞台挨拶のある夕方の上映に足をはこんだ。

劇場内は立ち見が出る程の満員。
司会の方の紹介で、カルロス・リラ氏が登場。
青いシャツにグレーのジーンズととてもラフなスタイル。
71歳とは思えないぐらいスッとしていてわかわかしい。
“Voce E Eu” “Coisa Mais Linda”の2曲を歌ってくださいました。
あたりまえだけど、すごくよかった。

映画はカルロス・リラとホベルト・メネスカルによってボサノヴァ創生期を振り返るドキュメンタリー。
ジョアン・ドナート、ジョニー・アルフ、ジョイスなども出演。ジョビン、ジョアン、ヴィニシウス、アストラッドなどの貴重な映像なども見られた。
映画の構成とかはまあ置いといて、充分楽しめる内容だった。

映画の中で「ジャズはボサノヴァでもなんでも飲み込むけど、ボサノヴァは直接ジャズの影響を受けたわけではではない。フランスのラヴェルとかドビュッシーの影響が強い」と語られていたのが印象的だった。
それから息子のパウロ・ジョビン氏が「父はラフマニノフが好きで第2協奏曲を自分なりの弾き方でよく弾いていた。」と語っていた点も。

ブラジルの大作曲家、ヴィラ=ロボスもアントニオ・カルロス・ジョビンもフランスのラヴェルやドビュッシーの和声に強い影響を受けているのは聞いたことがあった。
ジョビンがラフマニノフを何度も弾いていたというのは、初めて知ったがすごく納得がいった。

ロシア=フランス=ブラジルは音楽の琴線で繋がっている!

ブラジル風バッハ第3番/ヴィラ=ロボス

ロベルト・ミンチュク(指揮)
ジャン=ルイ・シュトイアーマン(ピアノ)
サンパウロ州立交響楽団

ブラジルを代表する大作曲家、エイトール・ヴィラ=ロボス(1887-1959)。
バキアーナス・ブラジレイラス(ブラジル風バッハ)、ヴィラ=ロボスの代表作。
第3番は「ピアノとオーケストラのための」である。
以前にヴィラ=ロボスのピアノ協奏曲 がすごくいい!と書いたのだが、言ってみればこの第3番もピアノ協奏曲的な作品。で、やっぱりすごくいい。

「ブラジル風バッハ」というタイトルの通り、やっぱりブラジル風のバッハなのだろうな。
聴いてみると確かにバッハ的なプレリュード、アリア、トッカータ・・・なのか?
ちょっとバッハっぽいような気がする。
しかし、和音やオーケストレーションはかなり肉厚。
確かにこれはブラジルだな、という感じ。
でもやっぱり、メロディが美しい、ピアノパートがいい、哀愁のメロディーもある!
やっぱりブラジルの音楽って何かとても惹かれる。

それで、演奏は地元ブラジルのオケ、サンパウロ州立交響楽団。
ブラジルのオーケストラは初めて聴くが、とても現代的な響きのする団体だ。
でも重心はしっかりしているし南国オケという事で期待したくなる粘っこさもいい感じでとても好きな音だ。
演奏はわりとサバサバすっきりした現代的な演奏。
だからとても聴きやすいのかも。

ヴィラ=ロボスのピアノ協奏曲全集


ロボス:ピアノ協奏曲全集

クリスティーナ・オルティス(pf)
ミゲル・ゴメス・マルティネス(指揮)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

ブラジルの大作曲家エイトール・ヴィラ=ロボス(1887-1959)のピアノ協奏曲。
ヴィラ=ロボスといえば「ブラジル風バッハ」だけど、ピアノ協奏曲もまたいい。
ブラジルの雄大な大地を思わせるダイナミックで野性的なピアノパートとオーケストレーション、それに哀愁を帯びたピアノの美しいメロディが次から次へと現れる。
今のところお気に入りは「第5番」。
短い前奏のあといきなりピアノが憂いを含んだ甘美な旋律を奏でる。
現代的な響きのオーケストラパートも面白いし、バリバリと割って吹くロイヤル・フィルの金管群の音も気持ちいい。

TOP

iTunesで試聴してみる