タグ : France

Henri Dutilleux(アンリ・デュティユー)

dutilleux

アンリ・デュティユー:管弦楽曲集成
ハンス・グラーフ:指揮
フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団

アンリ・デュティユー(1916年生まれ)、現代のフランスを代表する作曲家。
なぜ、今このタイミングでデュティユーなのか自分でもよくわからんが、ふとしたことがきっかけで聴くことになった。
そのアルバムがこのハンス・グラーフ指揮によるボルドー・アキテーヌ管弦楽団の集成なのだが最初に収録されている「交響曲第2番」から一気に音の世界にひきこまれた。

いわゆる現代音楽(メロディーと調性のない非常に難解なやつ)が続くのかと思いきや、ドビュッシーなどのフランス的色彩に富んだ非常に美しい音楽が展開される。
響きは現代音楽的で調性はあいまいなのだが、メロディーはあり和声がとっても洒落ていて響きがカッコいい。
そしてリズミックでメロディック。音楽が心地よく流れて行く。

以前、武満徹の「そして、それが風であることを知った」を聴いたときと同じような感覚。
この曲もドビュッシーの同編成(フルート、ヴィオラ、ハープ)のソナタの影響が色濃く出ている作品でとっても美しい曲でした。
ただ、このデュティユーの場合、比較的編成の大きい「管弦楽」によるもの。
静寂の中から霧のように沸き立つ弦楽の神秘的な響きから、金管楽器やティンパニや銅鑼、チェレスタなども伴う外向きの開放的な大管弦楽の響きまで楽しむことができる。

このグラーフ指揮のボルドー・アキテーヌ管弦楽団は初めて聴いたがとってもいい。
聴いていて楽しいし気持ちがいい。
なんかすっきりするし。これはいいですな。

サン=サーンス/ピアノ協奏曲第3番変ホ長調作品29

フランスの作曲家、カミーユ・サン=サーンス(1835-1921)
組曲「動物の謝肉祭」の「白鳥」や一時期テレビCMで流れてた交響曲第3番「オルガン」、そして最近ではフィギュア・スケートで「死の舞踏」や「サムソンとデリラ」なんかも使われていたりして有名。
そのサン=サーンスのピアノ協奏曲第3番。
サン=サーンスのピアノ協奏曲の中でも演奏される機会は少なく非常に地味な作品だとされているようだが僕は大好きな曲。
以前レコード会社のセールス・プロモーターをしていた頃に僕が担当していたあるCDショップの店長さんが教えてくれた。
その時に貸してくださったCDがこのガブリエル・タッキーノ(ピアノ)ルイ・ド・フロマン(指揮)ルクセンブルク放送管弦楽団の演奏のものだった。
その後、この演奏のCDは入手できずアルド・チッコリーニのものを聴いていたが最近このBRILLIANTの廉価版ボックス(6枚組で約2500円!)に入っていることを知り購入。
久しぶりに聴くことができたのだがやっぱりこの演奏は素晴らしいと思った。
録音はやや古さを感じるのだが決して悪くなく、タッキーノの溌剌としたピアノのタッチがこの曲をとても魅力的なものにしている。
またバックのフロマン&ルクセンブルク放送管弦楽団もいい。
特に冒頭のホルンソロからして最高だ。
レガート気味に丁寧に歌うように吹くこの感じ。うん、いいねえ。

そして、それが風であることを知った / 武満徹

武満徹(1930-1996)。現代音楽における日本を代表する作曲家。
僕は、いわゆる現代音楽が苦手だ。しかし現代音楽的なものはわりかし好きだったりする。
オネゲルやショスタコーヴィチのような調性感のなさには心地よささえ感じる。
で、武満徹はずっと避けてきたような感じがする。
多分、初期の作品「ノヴェンバー・ステップス」あたりを聴いたショックが大きすぎたのかもしれない。

しばらく前にNaxosレーベルから出た武満徹の「そして、それが風であることを知った」は何故だか気になって購入したのだが、1、2回聴いてそのまま棚にしまい込んでしまった。
だが先日図書館のCDライブラリーで見かけた「武満徹 響きの海 室内楽全集」の中の「そして、それが風であることを知った」を聴いて、この響きの美しさと無調の音の世界に引き込まれた。

フルート、ヴィオラ、ハープによる15分程の曲で1992年に作曲された作品なので後期の作品だ。
フランス印象派の作曲家ドビュッシーを思わせる和声の美しさもさることながら個々の楽器の掛け合いが絶妙だ。
このアルバムには「海へ」というアルト・フルートとハープによる曲も収録されているのだが、こちらも美しい曲だ。
さらには「すべては薄明のなかで ―ギターのための4つの小品―」というクラシック・ギターのための作品がある。
今の僕にはスペインの作曲家やブラジルのヴィラ=ロボスのギター作品に対して少し抵抗があるのだが、この武満徹によるギター作品はすんなりと聴くことができた。
これも新しい発見。いろいろ聴いてみるものですね。

オネゲル/交響曲第3番「典礼風」

フランス生まれのスイス人の作曲家アルチュール・オネゲル(1892-1955)の交響曲第3番「典礼風」。
今、この曲にハマっている。
きっかけは「Mravinsky in Moscow 1965」に収録されていたのを初めて聴いて。
いわゆる「現代音楽」的で調性もあいまいな感じの音楽なのだが、和音の積み方やリズムが特徴的で音楽の展開も早いのでぐいぐいと音の世界に引き込まれる。

第二次世界大戦の直後の1946年にスイスのヘルヴェチア教会のために書かれた曲。
第1楽章「怒りの日」、第2楽章「深き淵より叫ぶ」、第3楽章「我らに平和を与え給え」とカトリックの典礼文のタイトルが付けられている。
キリスト教のことは全く知識がないのでよくわからないが、オネゲルは
「私がこの交響曲の中で表現したかったのは近年我々を悩ませた野蛮性、愚かさ、苦しみ、機械化と官僚主義の流れの中に生きる現代人の姿である。」と言っている。
この曲を初めて聴いたときにチャールズ・チャップリンの映画「モダン・タイムス」のオヴァーチュアを思い出したのだが、映画のテーマは非常に近いんじゃないだろうか。
第1楽章「怒りの日」では 神の怒りに直面した男性の恐怖、第2楽章の「深き淵より叫ぶ」では神に見捨てられ悲嘆した男の瞑想、祈り、第3楽章「我らに平和を与え給え」では近代化の野蛮性と愚かさの高まり、犠牲者の反乱と解放、そして平和(=永眠)といった内容だろうか。

第1楽章では最初から異様な緊張感。
劈くような金管楽器の不協和音、それも何となくMid-centuryな近現代的な響きのする和音の積み方。
オネゲルならでは?の蒸気機関車の走るようなザクザクした弦楽部。
吠えるようなフラッターホルン。
音が完全に怒っている。まさに「怒りの日」だ。
続く第2楽章は美しく安らぎに満ちたアダージョ。
第3楽章は不気味なマーチで始まる。ホルンによる何が諦めたようなテーマが繰り返されながら徐々に高まっていく。
そして金管楽器の不協和音によるファンファーレが3度繰り返された後、静かな美しいアダージョに。
鳥のさえずりとともに天にでも昇っていくかのように静かに終わる。。
全3楽章、約30分弱の曲だがどの楽章も飽きるところがない。
ドラマチックなというと何か安っぽい感じがするが音楽の展開の仕方や音響的にもとても面白い。

ムラヴィンスキーの演奏がすごい。
恐ろしいほどの緊張感漂うライヴ録音だ。
ライヴとは思えないほどのレニングラード・フィルの緻密なアンサンブルにも驚く。
ガリガリと弾き込む分厚い弦楽がすごい。
これでもかとバリバリ割りまくって吹くブラスは 、まさにロシアン・ブラス炸裂なのだがこの曲にはとても合っている。ロシアン・ビブラートも悪くない。

演奏会で演奏される機会は少ないのだろうか・・?
今、こんな時代だからこそ、もっと演奏されるべき楽曲なのではないだろうか・・?
是非一度、ライヴを聴いてみたい曲だ。

カルロス・リラ 来日舞台挨拶~映画"This is BOSSA NOVA"

映画”This is BOSSA NOVA”8月4日(土)渋谷Q-AXシネマ

中原仁さんのサイトのフィードをチェックしていたら、ボサノヴァ創生期にジョアン・ジルベルトやジョビンらと活動をしていたカルロス・リラとホベルト・メネスカルが映画”This is BOSSA NOVA”のプロモーションで来日中と記事があった。

これはと思い上映館のサイトを見ると8/4にカルロス・リラ氏の舞台挨拶があり、そして「演奏予定あり」と記述が!
当日の朝、歌が聴ける可能性があるということもあって、あわてて劇場にtel。
まだチケットがあるということで舞台挨拶のある夕方の上映に足をはこんだ。

劇場内は立ち見が出る程の満員。
司会の方の紹介で、カルロス・リラ氏が登場。
青いシャツにグレーのジーンズととてもラフなスタイル。
71歳とは思えないぐらいスッとしていてわかわかしい。
“Voce E Eu” “Coisa Mais Linda”の2曲を歌ってくださいました。
あたりまえだけど、すごくよかった。

映画はカルロス・リラとホベルト・メネスカルによってボサノヴァ創生期を振り返るドキュメンタリー。
ジョアン・ドナート、ジョニー・アルフ、ジョイスなども出演。ジョビン、ジョアン、ヴィニシウス、アストラッドなどの貴重な映像なども見られた。
映画の構成とかはまあ置いといて、充分楽しめる内容だった。

映画の中で「ジャズはボサノヴァでもなんでも飲み込むけど、ボサノヴァは直接ジャズの影響を受けたわけではではない。フランスのラヴェルとかドビュッシーの影響が強い」と語られていたのが印象的だった。
それから息子のパウロ・ジョビン氏が「父はラフマニノフが好きで第2協奏曲を自分なりの弾き方でよく弾いていた。」と語っていた点も。

ブラジルの大作曲家、ヴィラ=ロボスもアントニオ・カルロス・ジョビンもフランスのラヴェルやドビュッシーの和声に強い影響を受けているのは聞いたことがあった。
ジョビンがラフマニノフを何度も弾いていたというのは、初めて知ったがすごく納得がいった。

ロシア=フランス=ブラジルは音楽の琴線で繋がっている!

亡き王女のためのパヴァーヌ/ラヴェル


亡き王女のためのパヴァーヌ/ラヴェル

パリ音楽院管弦楽団
ルシアン・テヴェ(コル)
アンドレ・クリュイタンス(指揮)

CDショップをフラフラしていてびっくりしたのだが、クリュイタンスのラヴェル管弦楽曲集が980円で売られていた。
しかも2枚組。ラ・ヴァルスもクープランもスペイン狂詩曲も入ってる。
そして亡き王女のためのパヴァーヌも。

このクリュイタンスの「亡き王女の~」は特別な印象がある。
まだ高校生ぐらいの頃、FMか何かで初めてこの演奏を聴いたとき、出だしのホルンソロの音色にとても驚いたのだ。
甘い音色にこまやかなやわらかいヴィブラート。
当時は全然知らなかったが、パリ音楽院管弦楽団に録音当時在籍していたルシアン・テヴェというホルン奏者の演奏なのだそうだ。
そうそう正確にはホルンではなくてcor(コル)(通常のバルブ式のホルンではなくピストン式の楽器)で演奏されているらしい。
少し明るめの音色に美しいヴィブラートはそのためか。
どうも僕はヴィブラートのかかったホルンの音色に弱いようだ。
大好きなロシア・オケのホルンのヴィブラートとはまた違ったおもむきなのだがすぐに反応してしまう。

その昔、フランスのオーケストラではホルンをコルで演奏していた時代があったらしい。
このCDが録音された1960年代にはまだ使用されていたということか?
そいういうお国柄みたいなものがどんどんなくなっていくのはホントに残念。

TOP

iTunesで試聴してみる