タグ : Caetano Veloso

グスタフ・マーラー/交響曲第5番嬰ハ短調第4楽章〜アダージェット(Gustav Mahler/Adagietto)

今年はグスタフ・マーラー(1860-1911)の没後100年ということでCDショップや書籍で特集が組まれていたり、今月から新しい映画の公開もあるらしい。
もう20年以上も前の全集だけどシノーポリ指揮の交響曲全集(12枚組)が3500円ほどで並んでいたので購入、ここ数日ずっと聴いている。
最近円高のせいもあって、CDが安く買えるのはとても嬉しい。

さて、交響曲第5番はマーラーの交響曲の中でも人気の高い曲で、特に第4楽章のアダージェットはハープと弦楽による非常に美しい楽章。
ルキノ・ヴィスコンティの映画「ベニスに死す」で使用され有名である。
ある種病的で妖しげな色気のようなものが漂う。
ハープのアルペジオにのってヴァイオリンがしっとりと歌い始め静かにゆっくり高まっていくのだが、終盤の小休止する部分でヴァイオリンとヴィオラが高音から低音にかけてpppでグリッサンドする箇所があるのだが、初めて聴いた時背筋がゾゾっと、こりゃいわゆる一般的なクラシック音楽と違うなと思った。
というか、ここまで聴き進む前からわかってることではあるが・・。

このアダージェットを聴いているとカエターノ・ヴェローゾのスローな弾き語り(LindezaとかLua Lua Luaとか)とある種の共通した香りのようなものを感じる。
この曲をカエターノがギターを爪弾きながら歌ったとしてもきっと何の違和感もないだろう。
決してただ甘いだけの音楽ではないのだが聴いていると「脳内モルヒネ」がたくさん分泌されるような麻薬的要素があるのかもしれない。

ちなみに、このアダージェットの僕的ベストアルバムは、
ロリン・マゼール指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1982年録音)だ。
こちらもマゼールがかなり根知っこく病的なまでにフレージングやアーティキュレーションを拘り抜いて録音した名盤だ。
僕はこれが頭に摺り込まれているせいか、他の演奏がどうもあっさりして聴こえる。。
近々廉価版で国内盤がリイシューされるらしい。リマスタリングされていると嬉しいのだがどうかな。

Os Passistas/Caetano Veloso

新年も明けて10日。
本年も宜しくお願いいたします。。

この3連休を使用して久しぶりのギターレッスンに都内に出かけた。
前回のレッスンから10ヶ月ぐらい間があいてしまったがカエターノ・ヴェローゾのOs Passistasをやることに。

前回ギターを少し弾いたが、アルバムの中でカエターノが弾いているような弦を2-3弦と1-3弦を分散させて全てのコードを鳴らす弾き方で苦戦。
まずは、コードをサンバのビートで弾くことからはじめる。
次に歌だけ歌ってみる。
この曲はメロディがとってもきれいなのだがメロディに歌詞を乗せるのがとても難しい。
途中2拍3連で早口に歌う箇所もありこちらもかなり苦戦。
とても弾き語れる感じではないが途中もたつきながらも弾きながら歌う。
keyを半音さげると少し声域に余裕がでるので新たに運指など教えていただき本日は終了。
少し難しい曲を選んでしまった気もするがとても充実したレッスンだった。

発表会2

ボサノヴァ教室の発表会に参加した。
今回で2度目。
前回はカエターノ・ヴェローゾの「Coracao Vagabundo」をやった。
今回はジャヴァンの「Flor de Lis」。
曲が格段に難しくなったのと、練習中によくストップしてしまうのが気になっていたが、まあ頑張ってみようということでチャレンジした。

で、結果はというと惨敗・・だった。
指が思うように動かず、コードは飛ばしてしまうし、最初は止まりそうになってもこらえてこらえて頑張ったが、途中でついに修復不可能の状態に・・。
2コーラス目はなんとか歌いきったけど、やっぱり緊張をしているのでいつもの半分の力も出せない。
人前で楽器を弾く、歌をうたうということは本当に難しいことなんだなと痛感した。
あと、練習不足、もっといえば集中力も不足していたのかなとも思った。

「頭の中が真っ白になる」ってよく言うけどまさにそれ。
本当に恐ろしい瞬間。
次回はこんなことにならないように準備しないと・・。
「ステージは慣れだよ」なんてそんな甘いもんでもなさそう。
昨日の事を思い出すだけでも恐ろしい。。

でもとてもアットホームな雰囲気の発表会で、こんな僕でもまた頑張ってみようなんて思える。
とても親切丁寧に教えてくださる先生にも教室の皆さんにも感謝!!

LINDEZA / Caetano Veloso

ここのところずっとボッサ・ギターのことについて更新してなかったので書くことにする。
2月のTREVO DE 4 FOLHAS(四葉のクローバー)につづいてはカエターノ・ヴェローゾのLINDEZAにチャレンジ。
アルバム「シルクラドー」のラストを飾る美しくも官能的なボサノヴァ。

カエターノ・ヴェローゾの音楽については正直言わせてもらうと、僕にはちょっと難しいなあという印象。
でも好きな曲は無謀にもちょっと弾いてみたいな、これ弾けたらカッコいいなと思わせる独特の世界がある。
今までに弾いたAvarandadoやCoracao Vagabundoなんかもそうだ。
しかし実際に弾いてみてもその世界には遠く及ばず、だたのあこがれで終わるのだが・・。

この「シルクラドー」というアルバムは15年程前だったか、当時オリジナル・ラヴのキーボーディストだった木原龍太郎さんが雑誌の中で紹介していたのを見て初めて購入した。
最初聴いた時すごく混乱したのを憶えている。
それまで全く出会ったことがなかった音の世界とカエターノの独特の節回しを受け入れるのに時間がかかった。
何度か聴いているうちに、徐々にカエターノ節として耳に馴染んでくるという感じだったのだが、そんな中でもLINDEZA(美しいおまえ)はとてもメロディアスで最初からきれいな曲だなと思っていた。

3月のLINDEZAの後は、ジョアン・ジルベルトの「3月の水」の中のE PRECIO PERDOAR(許してあげよう)。
現在この曲と格闘中。

caetano veloso / cê

普段めったに新譜は購入しないのだが、カエターノ・ヴェローゾの新作アルバム「セー」を購入。
HMVの試聴機で聴いてみて、音がすごくカッコよくて思っていたより聴きやすくて即購入。

カエターノのCDは僕のCDライブラリーには4枚しかない。
うち一枚は「Domingo」だから純粋なカエターノのアルバムは3枚しかない。
今まで幾度となく試聴機に入っているのを聴いてみたりしたが、僕個人的には楽曲が難しい、というイメージが強い。

でも好きになるアルバムはすごく好きになるから不思議だ。
このアルバムもそんな1枚になりそう。
音はシンプルな「ロック」。
単にギター、ベース、ドラムの「ロックなサウンド」なのではなく、本物のロックの音だ。
そこにストイックなまでに殺ぎ落とされたメロディーが乗っかって、独特の世界が作りだされている。

Coracao Vagabundo/CAETANO VELOSO


ガル・コスタとカエターノ・ヴェローゾの1967年のアルバム”DOMINGO”(ドミンゴ)から”Coração Vagabundo”にチャレンジ。
このアルバムからは、昨年3月に”Avarandado” にチャレンジしたが苦戦、未だにギターを弾きながら歌うということができない。
“Coração Vagabundo”はさらにその上をゆく難曲だと思うのだが、リズムの感覚も慣れはじめてきたということで挑戦することに。

ギターはマルシャというボサノヴァとは違った少し弾む感じのリズムを弾く。
このリズムをキープしながらコードチェンジをしていくのも結構難しい。
更に歌をのせることができるのか!?

実際、出だしの「Meu Coração~」を歌い出すと同時にギターのリズムがおかしくなる。
それでも止まらないように歌い進めようとすると、歌の譜割りがおかしくなり字余りみたいになり、歌がうまくおさまらない。
何度も何度もカエターノの歌を聴いてみるが、これは真似できないという結論に。
自分が気持ちのよいように歌うのがベストなのだろうが、難しい。

まあまあ、あまり難しく考えないように、ゆっくり、楽しみながら、いこうか・・。

AVARANDADO~Gal E Caetano Veloso "DOMINGO"

僕が月一で通っているボサ・ギター・レッスンの先生は、基本的にはその人が弾いてみたい曲をレッスンしてくれる。
「弾いてみたい曲はありますか?」と聞かれ僕は何も考えずにただ好きな曲をあげてしまった!(何かすごく恥ずかしいのだが、リストにして先生にお渡しした。)
さすがに難易度とか何も考えずに書かれたリストを見せて先生を困らせてしまったかもしれない。
少しずつ難易度の低いものから順番にレッスンしていただいているのだが、その中で、とても楽しみにしていた曲、ガル・コスタとカエターノ・ヴェローゾの「DOMINGO」というアルバムの中から”AVARANDADO”をレッスンしていただくことに。
正直すごい難しい。ギターが弾けたとしてもその上に唄をのせるというのがまず無理。
まあでも、この曲の持つ不思議な空気感を楽しみながら少しずつ弾けるように頑張ろうかな・・。

TOP

iTunesで試聴してみる