シューマン(1810-1856)
交響曲第1番変ロ長調 op.38『春』
交響曲第2番ハ長調 op.61
交響曲第3番変ホ長調 op.97『ライン』
交響曲第4番ニ短調 op.120
序曲、スケルツォとフィナーレ op.52

ウォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)
シュターツカペレ・ドレスデン
(録音:1973年)

中古CDショップでサヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデン(SKD)の名盤「シューマン:交響曲全集」を購入。

といっても1番と4番、2番と3番それぞれ別々でジャケットに指揮者のサヴァリッシュが写っているいわゆる旧盤(1988年digital remastering)、赤いプラケースが懐かしい。
最近購入した現行のマスタリング盤の音が僕の耳には馴染まないというか聴きにくく感じていて、大好きな全集なのにほとんど聴いていなかった。
で、たまたま中古CDショップで見つけたので買ってみた。

こちらの方が、断然聴きやすい。
音の分離がよくて、ティンパニもアタック音だけでなく音に厚みがあるし、いぶし銀といわれたSKDの響きを楽しむのには十分な音だと思った。

さすがに40年も前の録音だがらそれなりの音ではありますけど。
当時のアナログ盤お持ちの方は、それがベストでしょう。あたりまえか。。
最新リマスタリングとか新しいものがいいとは限りませんね。