ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調作品27
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
ソビエト国立交響楽団(1985年ライブ録音)

ロシアン・クラシックで外せないのがラフマニノフ。
その中でもピアノ協奏曲の2番、3番などと並んで言わずもがなの超名曲、交響曲第2番。
ラフマニノフ独特の甘美で美しいメロディーが詰まった作品だが、特に第3楽章はテレビドラマで使用されたりするほど。
が、単に甘いだけではなく、ラフマニノフ特有のユニークなおどろおどろしいオーケストレーションがなされる部分や時に厳しい音楽が展開される部分があったりと、ラフマニノフのロシアン魂を垣間みることができる。

演奏はこのエフゲニー・スヴェトラーノフ指揮のソビエト国立交響楽団による1985年のライブ盤が素晴らしい。
巨匠スヴェトラーノフが最も得意としたそしてもっとも愛してやまなかった特別な曲。
現在CDとなっているものの中ではこれが一番熱の入った演奏ではないだろうか。

1995年のスヴェトラーノフ&ロシア国立交響楽団(旧ソビエト国立交響楽団)来日公演時、6月9日の池袋の東京芸術劇場のプログラムがこのラフマニノフの交響曲第2番だった。
スヴェトラーノフのライヴは僕にとってこの公演が最初で最後となってしまったがすごく貴重な体験、聴けてよかった。
第3楽章がとても印象的だった。
非常にゆっくりとしたテンポではじまり、曲が進むにつれて徐々に徐々にオーケストラ全体が燃えるように熱をおびてくる。
そしてあの甘美なメロディーがややドライな響きのする芸劇いっぱいに渦を巻くように鳴り響いたときには、ほんと涙が出そうになった。
このCDを聴いていると当日の事を思い出す。
アメリカやヨーロッパの洗練された音のするオケのスカした演奏よりも、ラフマニノフはこうじゃなくっちゃ!と思う。

2年ぐらい前から始まった毎年GWに開催される音楽際「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」」
今年のテーマは~民族のハーモニー~ということでいろんな作曲家の曲を聴けるのだが、その中にこのラフマニノフの交響曲第2番もあった。
演奏は最近CDショップでよく見かけるロシアオケ、ドミトリー・リス(指揮)ウラル・フィルハーモニー管弦楽団。
これは聴いておかなくてはということで、チケットを購入。S席で2500円!
今から楽しみだ。