0

アミルトン・ヂ・オランダ & アンドレ・メーマリ(gismonti pascoal / Hamilton De Holanda & André Mehmari)

ブラジルのバンドリンの名手アミルトン・ヂ・オランダとピアニスト、アンドレ・メーマリによるブラジルの作曲家エグベルト・ジスモンチとエルメート・パスコアルへのオマージュ、作品集。

バンドリンの音色がすごくいい。
バンドリンの素朴な音色で奏でられる美しいメロディと浮遊感のあるピアノの和音が心地よい。
それから当然なのかもしれないけど曲がまたすごくいい。
コロコロと跳ね回るような超絶的プレイが聴ける曲もいいが、作曲者エグベルト・ジスモンチ自身も参加している「Fala De Paixao」なんか、どこか広い草原のような場所でそよ風に吹かれているようなそんな感じの心地よさ。
ずっと聴き続けていたくて何度も何度もリピートして聴いた。

バンドリンって同じ南米の楽器のカヴァキーニョ(形も音色もかわいらしい)の兄貴分みたいに思っていたが、マンドリンと見た目も奏法もほとんど同じらしい。
ブラジルではショーロなどで使われる楽器だがこのアルバムを聴いてこの楽器にも興味がわいてきた。

エグベルト・ジスモンチもエルメート・パスコアルもほとんど聴く機会がなかったがこのアルバムでこういう形で聴くことができてとてもよかったと思う。