toietmoi

ちょっと寒くなってきました。
今年もあとふた月少しで終わり。早いなあ。
先日トワ・エ・モワの「誰もいない海」にふれましたが、他にもいい曲がたくさんありますね。
ということでベストアルバムをじっくり聴いてみることに。

「或る日突然」にはじまり「空よ」そして先日亡くなられた加藤和彦さんの作曲による「初恋の人に似ている」、「誰もいない海」「虹と雪のバラード」など。
素晴らしい楽曲がずらりと並んでいる中で特に気になったのが「見知らぬバス」(山上路夫作詞、村井邦彦作曲、東海林修編曲)。

イントロのトランペットとストリングスとフルート、そしてピッキングベースとドラムのリムショットの感じが60年代のA&Mレコードのロジャー・ニコルズ風でかっこいい。
ちょっと不思議な感じのするメロディーラインや2拍3連のブリッジのリズムなどが印象的でとてもお洒落。
詩と曲とアレンジのそれぞれが絶妙に絡み合った、まさに「和製ロジャ・ニコ」ですね!

「或る日突然」なんかもハーパース・ビザールを彷彿させる仕上がりだし、「さよならと云わせて」はブルージーなエレピとエレキがいいし、「地球は回るよ」にいたってはロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズだし、全体にソフト・ロック好きの耳にはたまらないテイストの曲がすごく多い。
当時の日本の音楽業界も作家陣、アレンジャーの優れた仕事に支えられていたんだなと思った。
オリジナルのアルバムも聴いてみたいですね。