3

LET HIM RUN WILD〜The Beach Boys Endless Summer

eds

ここのところ朝晩少し涼しい日が増えてきて、もう夏も終わりなんだなあ、なんて思いつつビーチ・ボーイズの初期ベスト・アルバム「エンドレス・サマー」を取り出して聴いてみたりして。。
高校生の頃、ラジオか何かで「サーファー・ガール」かそのあたりの曲を聴いて買ったんだっけな。
でも、このアルバムを聴いた時に一番印象に残った曲が「レット・ヒム・ラン・ワイルド」だったのをよく憶えている。

ビブラフォン(鉄琴)の四つ打ちのバッキングに合わせてファルセットのボーカルがワンフレーズ歌うとギターのちょっと洒落たオブリガードが入る。
ビーチボーイズのあのコーラスの中にテナー・サックスなのかベース・ハーモニカなのかホーンっぽい楽器がJazzyなフレーズをバックで弾いている。
ベースラインも何かをなぞっているようなフワフワした感じ。
このベストアルバムの大半をしめる、いわゆる「サーフ・ミュージック」的ビーチ・ボーイズ・サウンドとは明らかに違っていた。

後に「ペット・サウンズ」「スマイリー・スマイル」などを聴き、ブライアン・ウィルソンとビーチ・ボーイズのことを知るようになってようやく合点がいったわけだ。
この曲が収録されていたアルバム「サマー・デイズ」が発表された1965年前後はライバルであったビートルズの活動、そして所属していたレコード会社からのプレッシャーが強まった時期。
ブライアン・ウィルソン自身もフィル・スペクターやバート・バカラックなどの音楽を消化しつつ創作活動へのめり込んでいく。
そして様々なプレッシャーの中ドラッグなどで心身共にボロボロになっていくのだが、この頃のブライアンの作品はスゴい。

Tags:
  • 匿名

    テスト書き込み

  • 匿名

    テスト書き込み2

  • birdman2

    テスト書き込み