0

サン=サーンス/ピアノ協奏曲第3番変ホ長調作品29

フランスの作曲家、カミーユ・サン=サーンス(1835-1921)
組曲「動物の謝肉祭」の「白鳥」や一時期テレビCMで流れてた交響曲第3番「オルガン」、そして最近ではフィギュア・スケートで「死の舞踏」や「サムソンとデリラ」なんかも使われていたりして有名。
そのサン=サーンスのピアノ協奏曲第3番。
サン=サーンスのピアノ協奏曲の中でも演奏される機会は少なく非常に地味な作品だとされているようだが僕は大好きな曲。
以前レコード会社のセールス・プロモーターをしていた頃に僕が担当していたあるCDショップの店長さんが教えてくれた。
その時に貸してくださったCDがこのガブリエル・タッキーノ(ピアノ)ルイ・ド・フロマン(指揮)ルクセンブルク放送管弦楽団の演奏のものだった。
その後、この演奏のCDは入手できずアルド・チッコリーニのものを聴いていたが最近このBRILLIANTの廉価版ボックス(6枚組で約2500円!)に入っていることを知り購入。
久しぶりに聴くことができたのだがやっぱりこの演奏は素晴らしいと思った。
録音はやや古さを感じるのだが決して悪くなく、タッキーノの溌剌としたピアノのタッチがこの曲をとても魅力的なものにしている。
またバックのフロマン&ルクセンブルク放送管弦楽団もいい。
特に冒頭のホルンソロからして最高だ。
レガート気味に丁寧に歌うように吹くこの感じ。うん、いいねえ。