0

ELIS REGINA / IN LONDON

エリス・レジーナ
エリス・レジーナ・イン・ロンドン

ブラジル音楽史上最高の歌姫といわれるエリス・ヘジーナの「イン・ロンドン」(1969年)。
昨年、我家で爆発的にヒット、超パワープレイとなった一枚。
1曲目から、いきなりエリスの劈くようなヴォーカルでパワー全開。
このアルバムのライブのような独特の気持ち良さは、ヨーロッパツアー中のロンドンにてツアーメンバーとロンドンで編成されたオーケストラがわずか2日間で行ったセッション録音ということに起因している。
アップテンポのR&B系の曲ではベースとドラムがグリグリのグルーヴを産み出しているし、それをひっかきまわすかのようにエリスは楽しそうに歌っているのがとても印象的。
エリスのこの異様なまでに力強く激しいヴォーカルとアントニオ・アドルフォ、ホベルト・メネスカルをはじめとする強力なバックがスリリングな音楽を展開している。
バックのオーケストラも決して邪魔する事なくカラフルに、よりハッピーなサウンドへとサポートしている。
1曲目から最後まであっという間の33分。
後半のA.C.ジョビンやR.メネスカルのボサノヴァ曲のカバーもまたいい。
本当に良く聴いたな。
休日の朝食事の準備をする前に、
けだるい朝、雨降りのジメジメした日。
そんな日にこれをかけると部屋の空気感が一気に変わる。
そして気分が高揚してくるのがわかる、薬のような一枚。