0

Samba De Verao ( Summer Samba )/Marcos Valle

前回のVoce E Euでシンコペーションでかなりの苦戦をしたわけだが、なんとかノリとかグルーヴを少しだがつかめたように思う。
これは僕にとっては大きな進歩。
でも忘れないようにちょっと意識して練習して、だんだん無意識にできるようになりたい。

で次の曲はSamba De Verao ( Summer Samba )、マルコス・ヴァーリの超名曲。
上のジャケットは1965年発表のマルコス・ヴァーリのアルバムO Cantor E O Compositor ( シンガーソングライター)。
Summer Sambaが収録されている。
1968年発表の超名盤SAMBA’68にも収録、(両方のアルバム共にエウミール・デオダート のアレンジだが)より洗練された仕上がり。

歌詞を聴くには前者の方が、良いかな。
それからマルコス・ヴァーリはFメジャーのkeyで唄っているが、僕にはちょっと高いようだ。
先生の話だと僕の声域はジョアン・ジルベルトのkeyに近いとのこと。
声の高さの話なので別になんてことない話なのだが、ジョアン・ジルベルトとkeyが近いということだけで、なんだかちょっと嬉しい。
ということでkeyを下げて歌うことに。

もうすぐ、ボッサ・ギターを始めて1年。
今のところすごく楽しめてるし、いい感じだ。