ガル・コスタとカエターノ・ヴェローゾの1967年のアルバム”DOMINGO”(ドミンゴ)から”Coração Vagabundo”にチャレンジ。
このアルバムからは、昨年3月に”Avarandado” にチャレンジしたが苦戦、未だにギターを弾きながら歌うということができない。
“Coração Vagabundo”はさらにその上をゆく難曲だと思うのだが、リズムの感覚も慣れはじめてきたということで挑戦することに。

ギターはマルシャというボサノヴァとは違った少し弾む感じのリズムを弾く。
このリズムをキープしながらコードチェンジをしていくのも結構難しい。
更に歌をのせることができるのか!?

実際、出だしの「Meu Coração~」を歌い出すと同時にギターのリズムがおかしくなる。
それでも止まらないように歌い進めようとすると、歌の譜割りがおかしくなり字余りみたいになり、歌がうまくおさまらない。
何度も何度もカエターノの歌を聴いてみるが、これは真似できないという結論に。
自分が気持ちのよいように歌うのがベストなのだろうが、難しい。

まあまあ、あまり難しく考えないように、ゆっくり、楽しみながら、いこうか・・。