タマーシュ・バーシャリ(pf)
ユーリー・アーロノヴィチ(指揮)
ロンドン交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集

ここのところロシア音楽づいているので引き続き。
先日トリノ五輪代表選考会をみていたらフィギュアスケートの村主章枝選手がラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を競技で使用していました。
ロシアを代表する大作曲家、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)の代表曲。
クラシックの数ある名ピアノ協奏曲の中でも最も美しく人気のある曲。
映画のサウンドトラックとして使われるほど、非常に叙情的でロマンチックなメロディが始めから最後までずーっと続く超名曲。
ラフマニノフという人はピアニストとしても活躍していた人で、非常に手が大きく超絶的なテクニックを持っていた人。

第1楽章の大河の流れを思わせる雄大なメロディ、叙情的で美しい第2楽章、そしてあの有名なメロディを含む第3楽章と、どこを切っても映画のサウンドトラックを聴いているような曲です。
お勧めの演奏は、ハンガリー人のヴァーシャリが弾いているこの演奏。
本当はロシア人ピアニストでロシアのオーケストラによる演奏をと思ったのですが、ちょっと古いものしか知らないのでこれにしました。
といっておきながら、実はこれも1975年の録音なのですが、ヴァーシャリのピアノもさることながらバックを務めるアーロノヴィチ率いるロンドン交響楽団がものすごくいいんです。録音も最高。
ラフマニノフの第2番のCDはいろいろ聴きましたが、意外とオケが不完全燃焼気味のものが多いんです。
このCDではオケがすごくいい感じで鳴りまくっています。
聴き終わったときの充実感が何ともいえなくよいです。