カテゴリー : Soundtrack

作曲家チャールズ・チャップリン

チャップリンの映画音楽:
カール・デイヴィス(指揮)ベルリン・ドイツ交響楽団

小学生の頃からチャップリンの映画が大好きだった。
僕が子供の頃はまだ家庭用ビデオデッキというものはそれほど普及していなかったが、うちは父親が映画好きだったのでわりと早い時分からビデオがあった。
よくNHKなどで放送していたものをビデオにとって何度も観たりしていた。
「モダン・タイムス」「街の灯」「黄金狂時代」「サーカス」「キッド」などなど。
もちろんドタバタ喜劇が楽しかったのだが、映画の中に登場する人間チャップリンが大好きだった。

当時からすごいなあと思っていたのが、監督・脚本はもとより作曲までを自分でしていたというところ。
トーキー(有声)の時代に入ってもサイレント(無声)にこだわり、音楽で登場人物やシーンの情景を表現した。
そこに付いている音楽はクラッシックなどのバレエ音楽やオペラのように雄弁で質が高い。
メロディーが素晴らしいし、 オーケストレーションを担当した編曲家・指揮者は別にいるのだがオーケストレーションにも相当こだわっていたらしい。
ルロイ・アンダーソン、ガーシュイン、プッチーニ、 チャイコフスキー、シュトラウスなどいろんな作曲家の影響がうかがえる。
でも何がいいって、やっぱり心にスーッ入ってくるメロディの素晴らしさ。
僕がクラシック音楽というものを抵抗なく自然に聴くようになったのは、チャップリンの映画音楽の影響が大きいと思っている。
本当に何度も映画をみてサウンドトラックも耳にすり込まれたから。

それでこのCDはそのサウンドトラックをカール・デイヴィス指揮のベルリン・ドイツ交響楽団が演奏したもの。
といっても完全なスコアは残っているわけでもなく、指揮者であり作曲家でもあるカール・デイヴィスが当時のフィルム、スコアのメモ、資料などをもとに復元したもの。
当時の録音技術は決して高い訳ではなく、モノラルであり解像度の低い音から聴き取る作業など、相当な苦労がうかがえる。
そしてその復元スコアと演奏は大変素晴らしく、録音も各楽器の音がはっきりと聴き取れる超クリアなデジタル録音。
最初に「黄金狂時代」のオヴァーチュアを聴いた時は鳥肌が立った。
当時のフィルムからは聴き取れない細かい楽器の音など、オーケストラはこういう風に鳴っていたんだと、すごく納得できた。
「モダンタイムス」の中の有名な「smile」が映画と同じ響きでクリアに聴けるもの感動的。
オリジナル楽曲の素晴らしさを完全に再現できているといっても過言ではないと思う。

このアルバムを聴きながら、「これはあのシーンの音楽だ」などと思い浮かべながら聴くのがすごく楽しいが、映画を観ていなくても、純粋に音楽として楽しむこともできる。
また、作曲家チャールズ・チャップリンの音楽の素晴らしさを後世に伝える貴重な一枚だと思う。

CASINO ROYALE カジノ・ロワイヤル(1967)


映画「カジノ・ロワイヤル」(1967年イギリス)のDVDが980円だったので、即購入。
イアン・フレミング原作の007シリーズの第1作ということだが、この映画は原作に大幅に脚色がなされたドタバタ・パロディ。
でもただのドタバタではなくオーソン・ウェルズやピーター・セラーズ、ウディ・アレンなどの大物俳優が入れ替わり立ち代わり出てくる。
ジャン=ポール・ベルモンドなんかもちょい役で出てくるあたりは、60年代だなあって感じがするし、きれいな女優さんも沢山出てくるし、衣装や美術などもものすごくお洒落で超豪華!

しかも音楽はバート・バカラック。
マイク・マイヤーズの「オースティン・パワーズ」のシリーズを観ていて思い出したのもこの映画。
かなりこの「カジノ・ロワイヤル」にインスパイアされて製作されたものらしい。
そういえばバート・バカラックご本人も出演していたし。

それで、このサウンド・トラックも聴きどころ満載。
ハープ・アルパートとティファナ・ブラスによる「メインテーマ」、ダスティ・スプリングフィールドの「The Look Of Love」もいいが、バカラックのスコアがすごい。
映画を観ながらも思ったのだが、各シーン、映像も豪華なのだがそこについているサウンドトラックがとても印象に残る。
最初のタイトルロールが終わった一番最初のシーンの音楽(M-11)いかにもバカラックらしいクールなJazz、マタ・ハリの娘の踊りのシーンの音楽(M-6)、ルシッフルの妙な装置による拷問のシーンの音楽(M-4)などなど挙げるときりがない。

全体を通してのサウンドはビックバンド+ストリングス・オーケストラといった感じだが、ベースを支えているのが弦をハーフ・ミュートしたピッキング・エレキベースとJazzyなドラムであったりするところがとても60年代っぽくてかっこよい。

Sur Regreso al amor スール(南へ 甦る愛)/アストル・ピアソラ

アストル・ピアソラ(1921-1992)。
アルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者、現代タンゴの演奏スタイルを確立させた人物。
1992年にピアソラが亡くなり、その後90年代半ばから再評価されはじめる。
ヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルがピアソラ作品集を発表したり、チェリスト、ヨー・ヨー・マによる「ヨー・ヨー・マ プレイズ・ピアソラ」がTVCMなどから爆発的なヒットをし、ピアソラ・ブームが巻き起こった。

僕がピアソラの音楽を初めて聴いたのもちょうどその頃。
それまで「タンゴ」といっても「黒猫のタンゴ」ぐらいしか思いうかべられなかったのだが、ピアソラの音楽を聴いた時の衝撃はすごかった。
ものすごく洗練された音楽。Jazzや現代音楽を思わせるような複雑な響き。
その中にバンドネオンの何ともいえない哀愁を帯びたメランコリックな音色。

今まで聴いたピアソラの楽曲の中で、この「スール(甦る愛)」は、とても好きな曲だ。
映画「スール」のサウンドトラックのために書かれた曲。(映画はまだ観ていないのだが是非観てみたい)
引きずるようなコントラバスとピアノ低弦のユニゾン、何かに翻弄され突き動かされでもしているかのように奏でられるバンドネオン、楽曲の中に漂う独特の緊張感とドラマ性などが相俟って音楽の世界へ一気に引き込まれる。

タンゴは決して明るい音楽ではないと思うのだが、ここでのピアソラのタンゴは更に重く、厳しく、激しい。
甘く切ないメロディを奏でたかと思うと、怒りに満ちた劈くような鋭い音色を出したり、むせび泣くようなトレモロ奏法があったり音楽表現の幅もとても広い。

このサントラの中では、ヴォーカルヴァージョン、ピアソラのバンドネオンと五重奏団によるインストヴァージョン、ピアソラのバンドネオン・ソロ・ヴァージョンで聴くことができる。
「ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独」の中でも再演、「ヨー・ヨー・マ プレイズ・ピアソラ」のなかでも演奏されている。

Belinda May(5月の空)/Ennio Morricone

Ennio Morricone - Ennio Morricone, Vol. 2: With Love - Belinda May (Alternate Take)

5月だというのに、ここのところすっきりしない天気が続いてます。
ということでエンニオ・モリコーネの「5月の空/Belinda May」。
ちょっと強引か?
元は「アリバイ」というイタリア映画(日本未公開)のサウンドトラックらしい。
詳細は知らないが「イディット・デレット・スクリット」というアルバムの1曲目を飾る超名曲。

この曲、タイトル通りのとても晴れ晴れした気持ちの良いボッサノーヴァ!
ちょっと早めの小気味良いボサノヴァ・ビートにモリコーネ特有のちょっとオドロオドロした男女混成コーラスとお得意のハープシコードがのっかる。
そしてそして、よーく聴いているとバーデン・パウエルばりの超絶テクニックのボッサ・ギターが聴こえてくる。
転調してまた転調、さわやかなストリングスも手伝って脳内モルヒネ全開。

5月の青空の下、公園の芝生の上で寝転がって・・・そんな感じの曲。

↓最近リリースのこのアルバムにも収録。
選曲・そして音質もすごくいいです。これ欲しいです、近々購入予定。

華麗なる大泥棒/エンニオ・モリコーネ

1971年アンリ・ヴェルヌイユ監督、ジャン=ポール・ベルモンド出演の映画「華麗なる大泥棒」のサウンドトラック。音楽はエンニオ・モリコーネ。
内容的にはいわゆるB級痛快アクションだが、ジャン=ポール・ベルモンド扮する宝石泥棒とそれを追う刑事とのドタバタ、カーチェイスなどが結構面白かった。

エンニオ・モリコーネの音楽って僕的には大きく3つに分類できるんじゃないかと思っている。
一つが昔のイタリア西部劇のためのマカロニ・ウェスタン系の音楽、もう一つが、ちょっと小洒落たラウンジ系、エロボッサ系のわりとポップな音作りのもの、それとクラシック寄りなものの3つ。

「華麗なる大泥棒」は2つめのわりとポップなものかな。
モリコーネお得意の1つのフレーズを繰り返しながら、移調、転調を経て展開してくお約束のテーマもあり、サイケでハレンチな楽曲もあり楽しめる。
極めつけは、ボサノヴァの女王アストラッド・ジルベルトによるテーマのヴォーカルver.が聴けるところ。

久しぶりにこの映画を観たいなと思い、レンタルビデオショップを探すのだがどこにも置いてない。
5、6年前には確かに置いてあったのだけど・・。

TOP

iTunesで試聴してみる